HOME > 五月人形 > 五月人形 Q&A















男の子が生まれて、初めて迎えるお節句(5月5日の端午の節句)を初節句と言います。
生まれた赤ちゃんが健やかにたくましく育つ様に願いを込めてお祝いする、江戸時代から続く日本の伝統的な習わしです。
初節句は一生に一度のお祭りです。両家集まって楽しくお祝いしましょう。

端午の節句は、元々1年に5回ある節句「五節句」の1つです。「端午」は5月最初の午(うま)の日のことで、この「午(ご)」という文字の音が「五」に通じることから、奈良時代以降5月5日となっていきました。

江戸時代になり、端午の節句は武家の間で盛んに祝われるようになります。家の後継ぎとして生まれた男の子が、無事にたくましく成長するよう祈り、一族の繁栄を願う大切な行事となりました。

武家社会では身の安全を願って神社にお参りする際、武将にとって自分の身を守る大切な道具である鎧や兜を奉納するしきたりがありました。これらを飾る風習はこのしきたりに由来しています。

降り掛かる災いからお子様の身体を守り、また1年無事に成長できるよう、願いを込めて飾りましょう。

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれました。
古代中国の「鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると龍になって、天まで昇る」という「登竜門」の言葉の由来になった伝説にちなみ、「立身出世」を願って飾るようになりました。

お子様がどんな苦しい環境にも耐え、立派な人になるように、願いを込めて飾りましょう。
鯉は清流だけでなく、池や沼でも生息できる生命力の強い魚です。

五月人形は、お嫁さんのご実家から贈るのが一般的です。
しかしながら、当店には赤ちゃんのご両親が贈るご家庭、ご両家で贈るご家庭などもございます。
赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちがあればどなたが贈っても良いのだと思います。

五月人形を飾るのは春分の日を過ぎた頃(3月20日過ぎ頃)がベストタイミングです。
遅くとも4月中頃には飾り、年に一度の端午の節句を楽しみましょう。

端午の節句(5月5日)または旧暦の端午の節句(2014年6月2日)を過ぎたら片付けましょう。

五月人形は、男の子の健やかな成長の為、厄や災いからお子様を守ってくれるものですから、1人ひと飾りが基本です。
次男、三男のお子様にも、長男と同じ様に五月人形を贈りましょう。

しかしながら現実的には飾るスペースの問題などもあることと思います。
そこで当店では2人目以降のお子様には、コンパクトに飾れる五月人形や小さな兜飾りをオススメしています。
「お兄ちゃんにはあるのに私には無い」という弟の気持ちも考え、飾りやすいもので良いので次男以降のお子様にも贈るようにしましょう。

お下がりの五月人形は、元の持ち主の厄や災いを既に受けています。
そのお人形を譲り受けるということは、厄や災いも一緒に譲り受けるということになってしまうため、当店ではお勧めしておりません。